2016.11.04

SiCパワーデバイスに見る昨今

当社MTKは中国の単結晶SiCウエハ製造会社であるタンケブルー社の日本販売代理店です。今思うことがあります。数年前まではSiCデバイスについては日本、米国がいつ量産するか話題で持ちきりでした。しかし、日本では、未だ、多量の量産とは言えない状況ではないでしょうか。一方、技術力で劣ると考えていた中国では、多くの研究機関や民間会社がSiCデバイスを精力的に開発しています。また、SBD用途としては既に、多くの電気バスなどにSiCデバイスは使用されているようです。2020年にトヨタ自動車が量産されると発表されましたが、是非、発表通りに頑張ってほしいものです。

それと、12月14日から東京ビックサイトで開催されるセミコンジャパン2016には、MTK製品を出展いたしますので、是非、ブースへお立ち寄りください。高コストパフォーマンスな枚葉式Wet処理装置、オゾン水生成機器、単結晶SiC製品を展示いたします。ブース番号5429。